スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイライン-征服-

スカイライン-征服- 6/27 15:30 新宿バルト9シアター3 ★
「Skyline」 10 米 松竹

副題を付けた意味が分かりません

それがなくても某メーカーの車を思い浮かべたりはしないでしょう。

もしエイリアンの侵略ものと分からないとの懸念からならば、私は決して賛同はしませんが、原題をスッパリと捨ててしまう方が未だマシです。

例えば「世界侵略: ロサンゼルス決戦」の様にです。
あちらではこの似た様な設定のためにユニバーサルとソニーは結構揉めているらしいですね。けれども観客としては知った事ではありません。
スポンサーサイト

プッチーニの愛人

プッチーニの愛人 6/27 13:30 シネマート新宿スクリーン2 ★★
「Puccini E La Fanciulla」 08 伊 エスピーオー

ネタばれあり

愛人という文字が目に付けばセンセーショナルプロモーションにも一役買う事でしょう。

しかし本来は少女とするべきです。製作者がそういう言葉を選んだのは話の題材となったドーリア・マンフレーデ事件の真相が明確にはなっていないのを考慮しながらそれでも尚、ドーリア本人が愛人ではないと強調しているのかもしれません。

ただこの配給元にイタリア語をカタカナ表記にして読ませる方法の選択は、これからもないはずです。

127時間

127時間 6/27 10:20 新宿武蔵野館1 ★★★
「127 Hours」 10 米 英 20世紀フォックス映画 ギャガ

これを全部カタカナ表記にして英語読みにさせるには辛いものがあり、「Hours」を日本語に変換したのは妥当でしょう。

ファースター 怒りの銃弾

ファースター 怒りの銃弾 6/23 14:05 シネマスクエアとうきゅう ★
「Faster」 10 米 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この作品はアクションものですよ、と分かり易く説明している副題の訳は、広告費の無さをカバーするための方法ではありますが、体裁を考えないその手っ取り早い手段から容易に作品の出来が窺えます

ジュリエットからの手紙

ジュリエットからの手紙 6/20 15:00 ヒューマントラストシネマ有楽町シアター1 ★★★
「Letters To Juliet」 10 米 ショウゲート

邦題にした途端、ジュリエットへの手紙が、ジュリエットから届く手紙に変わってしまうのでしょうか。謎です。

この様に日本語で表現する場合と、レターズまたはレター・トゥ・ジュリエットの様にカタカナ表記を選ぶ場合の基準とは何なのでしょうか。

観客層に拠って区分出来ると面白いと思うのですが、おそらくは配給会社の特徴と公開規模でしかその根拠を見付けられないのでしょうね。

ただしこんな感じの観客層がターゲットの作品群には、声に出したくない題名の代物が連なっていますから、今回は何はともあれ救われて安堵しています
BAR CINECITTA`
三鷹 BAR CINECITTA`

bar cinecitta

Author:bar cinecitta


           
barcinecittarogoyoko.jpg
BAR CINECITTA`
tokyolocation.jpg
21世紀東京ロケーション

続編なんか見たくない?
moviehistoryandevaluation.jpg
映画の履歴と評価




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。