スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色い星の子供たち

黄色い星の子供たち 7/25 13:00 新宿武蔵野館1 ★★
「La Rafle」 10 仏 独 洪 アルバトロス・フィルム
英題「The Round Up」

英題は直訳ですが原題からその意味が、ヴィシー政権下で行われたヴェルディヴのユダヤ人一斉検挙についてだと、日本人に分かれと言うのは無理があるでしょうから、違う意味の邦題でも結構です。

要はセンスの問題なんです。

これでは涙を絞り出させるためだけの映画だと誤解を受けかねません
ところが私が最近申している様に、名は体を表してしまっていて人道的犯罪を描いてはいない、或るいは描けなかった作品でしかないので、誤解を与えないという点に於いては優れた題名と認めざるを得ません。


この後は同事件を扱った「Elle s'appelait Sarah」(邦題「サラの鍵」)に期待するばかりです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BAR CINECITTA`
三鷹 BAR CINECITTA`

bar cinecitta

Author:bar cinecitta


           
barcinecittarogoyoko.jpg
BAR CINECITTA`
tokyolocation.jpg
21世紀東京ロケーション

続編なんか見たくない?
moviehistoryandevaluation.jpg
映画の履歴と評価




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。